ビルコン株式会社 TOPページ会社情報沿革

沿革

計数機専門メーカーのパイオニアとして。ビルコンの沿革をご紹介します。

1962年
紙幣計数機専門メーカーとして東京都品川区に(株)東京計算機製造所を設立。
初代社長に南部鎮雄就任。世界初のフリクション式紙幣・紙葉計数機「E-2」を発売。
1971年
(株)東衡自動機械製造所と合併、社名をビルコン(株)に改める。
1972年
川崎市高津区久本に移転。代表取締役社長に笹子仁就任。
1973年
投票用紙計数機「EL-2」を発売。
1974年
BILLCON CORPORATION OF AMERICA (BCOA) をロサンゼルス郊外に設立。
紙幣計数機「R-711」を発売。
1977年
硬貨計数機「CV-200」を発売。
1980年
紙幣計数機「H-180」を発売。
1981年
川崎市高津区久地に多摩川工場を新設。
1982年
紙幣正損選別計数機「S-1400」を発売。
1983年
硬貨選別計数機「CS-60/80」、紙幣払出機「KD-100/ND-100/HD-100」、硬貨計数機「CVK-110」を発売。
1984年
紙幣計数機「K-200」を発売。
1985年
小型紙幣計数機「R-100」、硬貨計数機「CVK-70」を発売。
1987年
代表取締役社長に長谷川開一就任。メダル搬送機「EML」を発売。
1988年
代表取締役社長に広岡和治就任。サービス部門を独立させ、ビルコンサービス(株)を設立。
紙幣払出機「BD-100/110」を発売。
1990年
東京都中央区日本橋に営業部門を移転して東京事務所を開設。
紙幣計数機「R-115」「R-141」「K-210」、混合紙幣計数機「D-202/204」、 硬貨選別計数機「CCS-60/80」を発売。
1992年
紙幣正損選別計数機「NFS-1000」を発売。
1993年
ビルコンサービス(株)を(株)エービーエスに社名変更。BILLCON FRANCE S.A.R.L.をパリ郊外に設立。
1994年
オートスタンプ(株)の営業権譲受。中央区日本橋馬喰町に新本社を開設。大阪事務所を開設。
認証契印機器、押印機器、手形処理機、印紙税納付計器、自動窓口受付システムを発売。
異金種検知紙幣計数機「D-212」を発売。
1995年
紙幣計数機「K-100」を発売。
1996年
(株)エービーエスをビルコンエンジニアリング(株)に社名変更。
コインリフター「AF-300」を発売。
1997年
(株)東衡テスタックより(株)東京衡機製造所製各種試験機の保守・サービス業務に関する営業権を譲受。
自動窓口受付システム「EYE-QUE®トータルシステム」、可変式印紙税納付計器「RV-10/10J」を発売。
1998年
1バッグカート「EC-301」、定額式印紙税納付機器「RF-10」を発売。
1999年
認証契印連動機「CN-3000シリーズ」、異金種検知紙幣計数機「K-115」、手形発行機「CW-300/310」を発売。
2000年
紙幣識別計数機「D-501」を米国で発売。
2001年
小型紙幣計数機「Nシリーズ」を発売。省スペース型の窓口受付システム「EYE-QUE® flex」を発売。 新型1バッグカート「EC-401」を米国で発表。
代表取締役社長に林龍夫就任。
2002年
品質マネジメントシステム国際規格ISO9001認証取得。
代表取締役社長に広岡和治就任。
ドイツ・デュッセルドルフに駐在員事務所開設。
2003年
パーソナルゴルフナビゲーションPGN-10を発売。
2004年
ゴルフ事業の運営会社(株)ナビクリエーション[現(株)ウォーカロング]を設立。
パーソナルゴルフナビゲーションPGN-20を発売。
紙幣計数機「N-160シリーズ」、「N-170シリーズ」を発売。
高速硬貨計数機「CHS-10」を発売。
番号カード発行機「PCM-400B」を発売。
2005年
パーソナルゴルフナビゲーションPGN-20(製品名"Walkalong" ®)の事業が本格化。
運営会社(株)ウォーカロングにより全国のゴルフ場に導入が始まる。
2006年
新印紙税納付計器「RA-1」と「RA-1J」を発売。
印紙税の予納時にカウンターを外している間も使用可能な新機能を搭載。
2007年
業務用PDA端末「Tough'it®(タフィット)」を発売。
2008年
窓口受付システムEYE-QUE®に新表示パネル「PSシリーズ」をラインナップ。
手形発行機新モデル「CW-305/315」を発売。
定額式印紙税納付計器新モデル「RB-1/1D」を発売。
2009年
環境マネジメントシステム国際規格ISO14001:2004認証取得。
本社を川崎市高津区久地に移転。
2010年
窓口受付システムEYE-QUE®番号カード発行機「PCM-500」、操作モニタ「TM-50」など、新シリーズを発売。
2011年
コンパクトタイプの新窓口受付システムEYE-QUE® EX(イーエックス)を発売。
2012年
窓口受付システム「EYE-QUE® EX(イーエックス)」が「川崎ものづくりブランド」に認定。
小型紙幣計数機「N-120A」、投票用紙計数機「NE-120A」をリリース。
EYE-QUE® 番号カード発行機「PCM-110/71」をリリース。
2013年
契印連動機/複合認証連動機「PC-350/360」をリリース。
2014年
印紙税納付計器用集計ソフト「RAP-02」をリリース。
EYE-QUE®トータルシステム 「PCM-1000システム」をリリース。
2016年
EYE-QUE®インターフェイス変換ボックスEQCV-2をリリース。
手形発行機「CW-405A/415A」をリリース。
2017年
契印機「FA-200」をリリース。
手形発行機アプリケーションソフト「CWP-70/80シリーズ」をリリース。
2018年
金種識別計数機「DL-1000」をリリース。
2019年
代表取締役社長に北原芳弘就任。